読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SORA + A

飛行機をはじめとした写真で綴る趣味日記

新しいカメラ(α6300 No.3)

ーーーーーーーー

発売直後に購入したα6300。

3月4月は気温が高く、さらに雨や曇りの日が多かったため、ゴーヨンと組み合わせて撮る機会があまり無かった。

(レンズは35mmと500mmしか持っていない…)

まず気になるのは4Dフォーカスの追従性能。

それを確かめるべく伊丹空港南側の千里川へ。

AマウントレンズとマウントアダプターLA-EA3使用という前提だと、α7RIIのファストハイブリッドAFは、こちらに近づいてくる被写体に全くと言っていいほどAFが合わない。

正確に言うとAFは一応合わせてはいるのだが完全に後ピン。

なので近づいてくる飛行機をα7RIIで撮る場合は置きピンである…。

f:id:yusei3:20160501115604j:plain

Sony α6300  500mm F4 G SSM  2016.4.28  伊丹空港(千里川)

うーん、α7RIIに比べるとだいぶマシだが、基本的には後ピン。

何度でも通えて便数が多い空港なら置きピンでもいいが、こういう場面では素直にLA-EA4かAマウントボディ(TLM機)を使ったほうがいい。

 

一方被写体が横方向に動く、または遠ざかる場合はAマウントボディα77IIよりもAF追従性・精度が高い。

こういう場面ではα6300、α7RII共に安心して撮影出来る。

但し完全にデフォーカス状態から合わせようとすると捕捉するのに時間がかかるor迷って合わない…。

f:id:yusei3:20160501120821j:plain

f:id:yusei3:20160501120918j:plain

Sony α6300  500mm F4 G SSM  2016.4.28  伊丹空港(伊丹スカイパーク北側)

Aマウントボディα77IIとの画質の違い。

もちろん高感度は桁違いに向上したが、低感度についても向上した気がする。

特に暗部のノイズとディテールの崩れが抑えられた。

またα77IIで時々見受けられた謎のにじみが無い。

高輝度の点光源に発生する縦方向の光芒も無い。

f:id:yusei3:20160501123451j:plain

f:id:yusei3:20160501123529j:plain

Sony α6300  500mm F4 G SSM  2016.4.28  伊丹空港(伊丹スカイパーク北側)

最後にISO51200。

DxOのPRIMEモードでノイズ除去すればもっと綺麗になるのだろうが、まだ未対応なのでCaptureOneで現像。

まあD500には敵いそうにない。

f:id:yusei3:20160501124235j:plain

Sony α6300  500mm F4 G SSM  2016.4.28  伊丹空港(千里川)