SORA + A

飛行機をはじめとした写真で綴る趣味日記

Sigma 18-35mm F1.8を使ってみて

購入して約2ヶ月経ったSigma 18-35mm F1.8。

その少し前にSigma 30mm F1.4を購入したのだが、片ボケの個体で新品交換となった。

不良箇所は治ったものの、AFは遅いし精度はイマイチだし、

そもそもこのレンズは自分の好みではない…と思えたので手放した。

と同時に、ちょっと上位の18-35mm F1.8を購入。

AF精度が不安だったのでUSB DOCKも一緒に購入。

AFの微調整は面倒だったが、そもそも接写しなければ問題無い程度だった。

f:id:yusei3:20151011032656j:plain

f:id:yusei3:20151011032903j:plain

Sony α77II  Sigma 18-35mm F1.8  2015.8.15  産山村 池山水源

解像はばっちり。ばっちり過ぎなくらい。

シャープネスが強過ぎるので、最近は現像時に目立たないように処理している。

 

AF精度はほぼばっちり(USB DOCKで微調整はしたが)。

明るいうちの機窓は、陰影が全く無い雲以外ほぼ問題無くAFを合わせられた。

30mm F1.4はAFが合わない割合がかなり多かった。

暗くなってからの機窓でどうなのかは次回試してみたい。

ちなみに千里川での飛行機撮りではどうか…

f:id:yusei3:20151011041004j:plain

Sony α77II  Sigma 18-35mm F1.8  2015.9.21  伊丹空港

頭上を通過する着陸機で数回試したが、どうもピントが甘いのでMF置きピンで撮影。

この辺はNikonCanonだとしっかり合わせられるのかも…。

あと強い光源があると強烈なゴーストが出てしまうのがネック。

 

ずっと広角〜標準域のレンズを持って無かったので、

これ1本持って出かけてスナップ写真を撮るのが楽しい。

先行き不透明なAマウントにおいて、広角から標準域を1本のレンズで高画質を…

という人にはもってこいかも。